国産鶏もも肉の香草ローススト〜チンゲン菜のソテー添え〜

〜チンゲン菜のソテー添え〜

スポンサーリンク


こんにちは。うちのシェフごはんです。(@uchino_chef

のぞみ
今回は、「国産鶏もも肉の香草ロースト〜チンゲン菜のソテー添え〜」を教えてもらいました。

皮はパリッとしているのに、中はジューシーで柔らかい鶏肉に仕上がります。

鶏肉は、皮をカリッと焼いたあと、弱火で蒸し焼きにすると中が柔らかく美味しく焼けるそうです。

試してみた下さいね。

 

材料 2人分

・鳥もも肉 … 2枚
・タイム、ローズマリー … 少々
・チンゲン菜 … 1/2パック
・スモーク塩 … 少々

<鶏ガラソース>
・塩胡椒 … 少々
・鶏がらスープの素 … 小さじ1
・鷹の爪 … 1本
・玉ねぎ … 1/4個
・水 … 200cc
・片栗粉 … とろみがつく程度

 

簡単レシピ

1.鶏肉を焼きます

フライパンを火にかけ、温まったところに鶏肉の皮面を中火でソテーします。

皮が焼けたところで、ひっくり返し弱火にし、香草(タイム、ローズマリー)を入れて蓋をして蒸し焼きにします。

 

2.ソースを作ります。

別のフライパンで、4当分に切ったチンゲン菜をソテーします。

ソテーしたチンゲン菜に、鶏ガラソースの材料で片栗粉以外を入れて混ぜ合わせます。

最後にとろみ付けで片栗粉を入れます。

 

3.お皿に盛りつけます。

ソテーしたチンゲン菜を下にひき、その上に焼いた鶏肉をのせます。

鶏ガラソースを上からかけて完成です。

うちのシェフごはん

 

まとめ

今回も美味しい料理のレシピを教えてもらいました。

鶏肉はカリッと焼いて中ジューシーが一番美味しい焼き方です。

国産鶏もも肉の香草ローススト、チョリソー入りイタリアンサラダ、バケットをつけて頂きました♪

ワインは、我が家のお気に入りの赤ワインです。

イタリア、トスカーナ州の赤ワイン

「Sasseto Chianti」です。

デイリーワインでよく飲みます。

ナチュラルローソンやマルエツで購入できるデイリーワインです。

ナチュラルローソンだと、少し高めですので、マルエツで購入すると1,000円以下で購入できるのでおすすめですよ。

今日も美味しく頂きました♪

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

イタリアンシェフの旦那さんが、 うちでも作れる料理を教えてくれます。 料理ブログ「うちのシェフごはん」です。 旦那さんが家で作るごはんが凄すぎて、 思わず料理ブログを始めてしまいました。笑 「うちのシェフごはん」の情報が何かのお役に立てれば幸いです。