BISITO(ビジト)。神楽坂デートにおすすめ。隠れ家ビストロ。

ズワイガニのサラダ

スポンサーリンク


こんにちは。
うちのシェフごはん嫁のぞみです。

今回は神楽坂の裏手にある「BISITO(ビジト)」さんへ行ってきたのでご紹介します。

のぞみ
住宅街の中にある、まさに隠れ家的なビストロです。

お店のアクセスは【神楽坂毘沙門天の裏奥】

神楽坂BISITO(ビジト)さんは、毘沙門天の裏手の奥にあります。

神楽坂毘沙門天

神楽坂は嵐の相葉くんが主演している
「僕とシッポと神楽坂」
このドラマが放送されて、また観光する人が増えてきています。

ドラマで紹介されていたのは、毘沙門さんがある裏ではなく、
神楽坂の坂通りを下から上がった右手側の裏通りが多く使用されていました。

しかし!
毘沙門天側の裏手も素敵なお店がたくさんあります♪

今回は、その中でも大人デートにおすすめなビストロです。

電車では、東京メトロ飯田橋駅、
もしくは大江戸線の牛込神楽坂から徒歩8分程度の場所にお店があります。

東京メトロ飯田橋の方から坂を上がると見えてくる毘沙門天の手前の道を入ります。

神楽坂毘沙門天の横脇

道なりに進み左手に寿司アカデミーを見ながらさらに進むと、
突き当たりに「イタメシ×創作料理。神楽坂FLAT(フラット)」が見えます。

神楽坂フラットFLAT

それをさらに進むと十字路が出てきます。

十字路を右に曲がり坂を登りながら進んでいくとお店が見えてきます。

BISITO

フランス南部のニース料理「BISITO」

こちらが今回ご紹介したいお店です^ ^

BISITO

*お店までの写真は昼間撮影しています。
夜は少し暗めで雰囲気が変わります。

神楽坂 BISITO(ビジト) の営業時間

営業時間は18時〜23時の夜のみの営業です。

定休日は不定休なので行く前に予約することをおすすめします。

食べログでネット予約も可能です。

神楽坂 BISITO(ビジト) のメニューと予算

今回2人で予約したメニューは

1人5,000円のシャフおまかせコース(4品程度)です。

席だけ予約で、当日メニューから好きなアラカルトを注文することも可能です。

食事だけで予算は4,000円〜7,000円程度で楽しめます。
お酒をたくさん飲むともう少しかかります。笑

11月24日は、うちのシェフの誕生日でした。
お祝いも兼ねておまかせコースを頂きました^ ^

綺麗な店内で完成されたお店

BISITO店内

店内は白を基調にされていて、
カウンター席が7席、
2人掛けのテーブル席が3テーブルあります。

BISITO店内

カウンター席の下には1人1つボックスが用意されていて、
椅子も取っ手が付いていて弾きやすい椅子でした。

フランス南部料理をシェフのおまかせで堪能できる

前菜で出てきたのが、ひよこ豆の揚げたてもの(写真右)と、
ブラックオリーブとアンチョビの小さなビザ(写真左)です。

ビジトの前菜

一口でパクッと食べられるサイズで、
2種類とも味が全く違う感じで楽しめました。

前菜1品目が「ズワイガニのサラダ」です。
彩りがとても綺麗で素晴らしいです。

ズワイガニのサラダ

ズワイガニももちろん美味しいですが、
2種類のソースがフルーティなソースと濃厚なソースで、
ズワイガニを2種類の味で楽しめるものでした。

前菜2品目は、ホタテのグリルです。

写真だとソースが見えにくいですが、
このソースがまたホタテにあいます。
フレンチはソースがやっぱり良いですよね^ ^

3品目の魚料理は、
サーモンとマッシュルーム。

産地は忘れてしまいましたが、
このマッシュールームは生でも食べられるそうです。
そのため、食べると歯ごたえがあり、
サーモンと合わせて食べるととても美味しかったです。

最後の3品目は子羊でした。

柔らかく仕上げてある子羊で下にあるお豆の味付けがまた抜群です。
子羊とお豆を合わせて食べると、
お肉の味が更に引き立つようになっていました。

今回コースでいただいたので、
通常のメニューには無い料理でいただけました。

シェフの繊細さが出ているとても素敵な料理だったので、
次回は、通常メニューも食べてみたいと思います。

お酒はフランスビールとフランスワイン

食事のメニューはおまかせなので、まずはビールを頼みました。

フランスビール

フランスの瓶ビールが2種類用意されていていました。

・ラ・パリジェンヌ
・ピエトラ マロン

パリジェンヌはクラフトビールのようなアロマが香るビールで飲みやすかったです。
もう一つのピエトラマロンは、あとで調べたたら、栗のビールだったらしく、
厳選されたモルトとコルシカ産の栗の粉をブレンドされたビールでした。

飲んだ時は、あまり栗の感じはなかった、、、気がします。笑

料理が来る前にグラスの白ワインを注文です。

3種類の白ワインから選べて、グラスワインも日によって違い、
ボトルにはないものが用意されているそうです。

お肉の前にグラスの赤ワインを注文。

ビジトのグラス赤ワイン

やっぱり、赤のグラスも3種類用意しているそうです。

写真右手のワインは、私が好きな味だったので、
帰って調べてみたところ、ボルドー王道のワイン
「シャトー・スオウ カディヤック・ルージュ」
でした。

ぶどう品種は、
・カベルネ・ソーヴィニヨン
・メルロ
2種類ブレンドの赤ワインです。

まとめ

神楽坂の裏路地で大人のデートとして使えるお店「BISITO(ビジト)」です。
明るい店内は雰囲気もよく清潔感がある落ち着いたお店です。

白を基調とした女性ウケ間違いない店内で、
フレンチとワインが楽しみながらデートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

2人の距離を近づける神楽坂ディナーをお楽しみ下さいね。

P.S

自宅でフランス気分を味わいませんか?

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

イタリアンシェフの旦那さんが、 うちでも作れる料理を教えてくれます。 料理ブログ「うちのシェフごはん」です。 旦那さんが家で作るごはんが凄すぎて、 思わず料理ブログを始めてしまいました。笑 「うちのシェフごはん」の情報が何かのお役に立てれば幸いです。