覚書

コーヒーの産地も色々

コーヒー豆は、コーヒーベルトと呼ばれる生産国が集中する地域があります。
ほとんどが、赤外線周辺で栽培され収穫されます。

コーヒーが育つ条件

コーヒーの木が育つためには4つの条件があります。
・降水量は年間1,800~2,500mmで、成長期に雨が多く、収穫期に乾燥している
・適当な日辺りで、山の斜面で栽培させるのに適している
・年間の通して平均20℃の温度である
・土地が、費沃でかつ、水はけがよいこと

以上のような条件が揃い、コーヒーの木は育つとされています。
これらの条件を満たすのが、世界でも赤道周辺の高地になり、コーヒーベルトと呼ばれる地域になるそうです。
コーヒーを生産する国は約70ヶ国ほどありますが、そのほとんどがコーヒーベルトと呼ばれるエリアに集中しています。

 

サンダニア

タンザニアの国旗画像

代表的なコーヒーは、「キリマンジャロ」と呼ばれる種類で、日本人に大人気な銘柄と産地です。
コーヒーでキリマンジャロと言われると、高めで美味しいというイメージが日本人にはありますよね。

実は、アフリカ最高潮の恵みであると言われるキリマンジャロは、政界ではそれほど知名度は高くありません。
しかし、日本では人気のブランドと知られる銘柄で、強い酸味と豊かなコクが特徴です。

 

エチオピア

代表的な銘柄は、「モカ・ハラー」と呼ばれる珈琲です。
フルーティーな酸味に上質な甘みがる特徴があり、アフリカコーヒーの代表格と呼ばれます。

コーヒー本来の味が楽しめるモカの産地であり、世界のコーヒーの原産地といわれるのがエチオピアです。

イエメン

エチオピアに続く代表的なコーヒーの栽培が盛んな国、イエメンです。
代表的なコーヒーは、「モカ・マタリ」と呼ばれる銘柄で、フルーツのような香りに、まろやかな酸味を特徴とします。

ジャマイカ

代表的なコーヒーは、一度は聞いたことがあるであろう「ブルーマウンテン」です。
最高級ブランドとされているブルーマウンテンの産地は、ジャマイカです。

ジャマイカでも東側に連なるブルーマウンテン山脈に限られた地域で栽培されているのが「ブルーマウンテン」と呼ばれる銘柄です。
豊かな風味に、バランスのとれた味は、魅力的なコーヒーの代表ともいえる銘柄ではないでしょうか。

インドネシア


◇マンデリン
マンデリンは、インドネシアでも、マストラ島の北部で栽培されています。
奥行きのある苦みと上品な風味があり、インドネシアコーヒーの中でも最高級とされる銘柄です。

◇トラジャ
スラウェシ島のトラジャ地方で栽培される銘柄で、強い酸味を持ち、上品な苦みがあるのが特徴です。
豆を深煎りにすることで、苦みを楽しむことのできる豆がトラジャです。

グアテマラ

甘い香りと芳酸な風味を特徴とする、「グアテマラ・アンティグア」と呼ばれる銘柄が代表的です。
ブレンドベースとなる豆の産地で、山の傾斜での栽培が多いとされています。
4,500フィート以上の高地で栽培された豆は、高級品として扱われています。

豆の産地はいかがだったでしょうか。
このほかにも、産地は色々あります。70国で栽培されているコーヒーの中から、自分のお気に入りの銘柄を探して楽しむのも良いですよね。
コーヒー豆を購入するときの参考にしてみて下さい。

 

ABOUT ME
うちのシェフごはん
イタリアンシェフの旦那さんが、 うちでも作れる料理を教えてくれます。 料理ブログ「うちのシェフごはん」です。 旦那さんが家で作るごはんが凄すぎて、 思わず料理ブログを始めてしまいました。笑 「うちのシェフごはん」の情報が何かのお役に立てれば幸いです。