覚書

ワインのきほんを覚えてみた

ワインの産地は各地にあり、特に注目される国を上げても20ヶ国もあるようです。
生産量のランキングも年々変わり、フランスやイタリヤ、スペイン、アメリカなどがあげらえますが、現在ではチリや中国、ドイツでの生産も増えています。
今回は、代表的な産地を学んでいきます。

フランス France

北は、シャンパーニュ地方から、南はプロヴァンス地方まで、フランス全土に葡萄畑は広がっています。
その土地の気候も異なり、ワインの味も様々で、代表的なワインの産地として上げられます。
高級ワインの聖地としても世界的に有名なボルドーや、ブルゴーニュが有名です。
歴史や、風土、生産量の全てにおいて、ワインの聖地と呼ばれるのがフランスです。

 

イタリア Italy

葡萄の栽培に恵まれた気候と大地を持つといわれるイタリアです。

産地もさることながら、歴史のある食文化に合うワインに出会えるのがイタリアです。
ワインの消費量も多く、フランスと拮抗する点が味方するワイン大国といわれています。
気候や風土が多様ということは、品種も多様で、国が承認している品種だけでも380種類以上といわれています。
さらに、イタリアには「DOCG」や「DOC」といわれる、ワインの厳格な規制と格付けが存在します。
イタリアワインを選ぶとき、「DOCG」、「DOC」が付けられたワインは、まちがいないと言われます。

 

ドイツ Germany

寒い気候のドイツでは、南部での生産が盛んです。

旧来から甘口ワインが得意な国ですが、最近では辛口ワインも評価を上げているようです。
国内の作付面積の6割を占めているのが、「リースリング」といわれる品種です。

 

スペイン Spain

ばる文化を支え続けるワイン愛好国といわれるスペイン。
赤白だkでなく、シャリーなど、様々な味が楽しめるワインが揃うのがスペインです。
スペインワインの特徴は、長い熟成期間を経て、まろやかさが備わっている点が特徴的です。

 

オーストアリア Australia

多様なワインのタイプが楽しめるのがオーストラリアのワインです。
ヨーロッパよりも広い面積があるからこそ、個性的なワインが生まれるようです。
オーストラリアの地での造りは自由です。
ワインの無限の可能性を秘めた国でのワイン、それが、オーストラリアワインと言えるでしょう。

ABOUT ME
うちのシェフごはん
イタリアンシェフの旦那さんが、 うちでも作れる料理を教えてくれます。 料理ブログ「うちのシェフごはん」です。 旦那さんが家で作るごはんが凄すぎて、 思わず料理ブログを始めてしまいました。笑 「うちのシェフごはん」の情報が何かのお役に立てれば幸いです。